WPF コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

バーコード

チャート

エディター

フレームワーク

ゲージ

グリッド

インタラクション

レイアウト

マップ

メニュー

スケジュール

スタイリング & テーマ

すべてのコントロール

WPF パーシステンス フレームワーク

WPF 依存オブジェクトのレイアウトやコントロール設定をファイルやデータベースなどの外部リソースに保存と読み込むことができます。Infragistics 以外のコントロールにも使用できます。

 

XML にシリアル化

コントロールの設定はシリアル化され、業界標準である XML へ逆シリアル化されます。また、IsolatedStorage、データベース、ローカル ファイル システムなどの外部ソースに設定できる Stream を使用できます。

コントロール設定を業界標準の XML にシリアル化/逆シリアル化します。

 

ユーザー設定の保存/読み込み

ユーザーがユーザー インターフェイスのレイアウトを設定した場合など、Persistence Framework を使用して UI コントロールの設定を保存、読み込みできます。ユーザーのカスタム レイアウトや設定を簡単に保持できることにより、UX の向上へとつながる有効な手段です。

wpf-persistence-save-load-user-preferences

 

Persistence イベント

フレームワークで公開される多数のイベントを使用して対象コントロールの設定の保存や読み込みをカスタマイズできます。

フレームワークで公開される多数のイベントを使用して対象コントロールの設定の保存や読み込みをカスタマイズできます。