Windows Forms コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

WinForms ドック マネージャー

Microsoft® Visual Studio® のインターフェイスを再現します。ペインのピン固定、ドッキング、グループ化など、ユーザーが UI を完全にカスタマイズできます。

スタイルと動作

WindowStyle プロパティはペイン ウィンドウ、キャプション、タブなどのデフォルト外観を設定します。Visual Studio 2010 (Windows® XP または Windows 7® オペレーティング システムの外観) のスタイルを設定することができます。LayoutStyle プロパティを設定すると、ドッキング ペインがクライアント領域を管理する方法を指定することができます。

ペインのスタイル設定およびビヘイビアをカスタマイズします。

 

ドック可能なウィンドウとフローティング ウィンドウ

コントロールをホストコンテナーの任意の端にドッキングしたり、独自のフローティングウィンドウに表示したりできます。

コンテナの任意の側にコントロールをドッキングできます。

 

AutoHide

ドッキングされたコントロールをピン解除表示することで、画面領域を節約できます。ピン解除されたコントロールは、コンテナーの外側に沿った領域にタブで表されます。タブを選択すると、コントロールがスライドアウトする個別のウィンドウに表示されます。

ドッキング済みのコントロールを非表示し、画面領域を表示します。

 

状態の切り替え

ペインのキャプション、タブ項目またはスライド グループのヘッダーをダブルクリックすることでペインのドッキング状態を切り替えることができます。

キャプション、タブ項目、またはグループ ヘッダーをダブルクリックしてペインのドック状態を切り替えます。

 

複数グループのスタイル

ドッキング可能なコントロールは水平方向分割、垂直方向分割、タブ付きグループ、およびスライド グループの 4 つのグループ スタイルをサポートします。

ペインの領域がドッキング済み、またはフローティングの場合にペインをグループ化します。

 

ペインのグループ化と移動

作成されたドック コントロールは、ペインのキャプション、タブ項目またはスライド グループのヘッダーをクリックして移動することができます。

ドラッグ アンド ドロップして画面でペインを移動します。

 

WYSIWYG デザイン時機能

デザイン時にドッキング可能なコントロールを簡単に作成し配置します。コントロールを選択すると、Visual Studio のプロパティ グリッドで個々のドックされたコントロールの設定にアクセスできます。

デザイン時にドッキング可能なコントロールを簡単に作成し配置します。

 

パーシステンス レイアウト

ドッキング済みのウィンドウ レイアウトをデザイン時、または実行時に保存し読み込みます。

ドッキング済みのウィンドウ レイアウトをデザイン時、または実行時に保存し読み込みます。

 

階層コントロール設定

ドッキング済みのコントロール設定は単一のペイン、子または親、そしてすべてのペインで設定変更できます。

階層コントロール設定