インフラジスティックスが Silverlight / WPF / Windows Phone 対応開発コンポーネントの新バージョンNetAdvantage 2011 Volume 2 のリリースを発表

~多岐に渡るプラットフォームでの開発をサポートする高パフォーマンス・高機能 UI コンポーネント~

【東京 – 2011 年 12 月 20 日–】 – ユーザー インターフェイス (UI) ツール市場における世界的なマーケット リーダーであり、またユーザー エクスペリエンス  (UX) の分野におけるエキスパートであるインフラジスティックスは本日、Silverlight / WPF / Windows Phone 対応開発コンポーネントの新バージョン NetAdvantage 2011 Volume 2 のリリースを発表しました。

まず、この度のリリースにより Silverlight / WPF対応コンポーネント (計 4 製品) のほか Windows Phone 対応コンポーネントにおいて新コントロールや強化機能が追加されている他、これら全 XAML プラットフォームにおける 「クロスプラットフォーム化」、つまりはSilverlight / WPF / Windows Phone 製品で提供されるコントロール間で共通の API、実装方法が実現されています。

「クロスプラットフォーム化を進めることで、これまでは XAML という共通項はありながらも実装方法や API が異なっていた Silverlight / WPF / Windows Phone 製品間の垣根をなくし、より柔軟な開発が可能になります。例えば、過去の Silverlight や WPF 開発で培った技術資産をWindows Phone 開発でそのまま役立てることができるため、大幅な開発の効率化を実現します。」とインフラジスティックス・ジャパン株式会社の代表取締役デビッド・クーニングは述べています。
 

 

NetAdvantage 2011 Volume 2 新機能紹介

Silverlight / WPF コンポーネント
両製品に共通の機能として Undo / Redo フレームワークが追加されたことで 「元に戻す/ やり直し」 の機能をアプリケーションに追加します。また、Resource Washing (リソース ウォッシング) と呼ばれる機能が全コントロールに追加され、基本色を 1 色だけ選択することで色の陰影も含め全てきれいにコントロールのスタイリングを行います。

Silverlight 製品単独の追加機能は、xamGrid の強化機能として簡単にグリッドデータをエクセルへ出力する機能や全行選択機能などが各種追加となっています。
その他、WPF 製品単独の機能としてエンドユーザーによるレイアウト変更を保持・復元する Persistence フレームワークが追加となりました。


Silverlight / WPF データ視覚化コンポーネント
両製品に共通して上記の Resource Washing 機能の追加の他、xamPivotGrid での強化機能として xamDataChart との機能統合が行われ、ピボットテーブルのフィルター内容に応じて動的にチャート表示の変更を行います。
また、xamDataChart に積み上げ棒やファンネルなどの各種新しいチャート種類が追加され、xamNetworkNode にはノードの展開・縮小機能やドラッグアンドドロップでのノード接続・切断機能が追加となりました。 


Windows Phone コンポーネント

通貨・日付・マスクなどの各種入力エディターの追加の他、ユーザー評価を表現するレーティング、上記の NetAdvantage for WPF にも追加されたエンドユーザーによるレイアウト変更を保持・復元する Persistence フレームワークなどの新機能が追加となりました。



NetAdvantage 2011 Volume 2 で追加された各種新機能についての詳細はこちら
NetAdvantage Ultimate


製品ラインアップについて

  • NetAdvantage Ultimate (アルティメット) はWindows Forms / ASP.NET / jQuery / WPF / Silverlight / WPF・Silverlight Data Visualization / Windows Phone コンポーネントに加え、この度新しくリリースされた NetAdvantage Reportingを含み、あらゆる開発要件に対応するパッケージとなります。
    NetAdvantage Ultimate の価格は全 9 製品込みで 1 ライセンス 231,000 円 (税込) 、プライオリティサポート付きのもので 1 ライセンス283,500 円 (税込) となります。

  • NetAdvantage for .NET はWindows Forms / ASP.NET / jQuery / WPF / Silverlight コンポーネントに加え、この度新しくリリースされた NetAdvantage Reportingを含む主に業務アプリケーション開発向けの開発パッケージとなります。
    NetAdvantage for .NET の価格は全 6 製品込みで 1 ライセンス 155,400 円 (税込) 、プライオリティサポート付きのもので 1 ライセンス207,900 円 (税込) となります。

  • 上記パッケージに含まれる各 UI コンポーネントは単体購入も可能であり、単体価格は1 ライセンス 99,750 円 (税込) 、プライオリティサポート付きのもので 1 ライセンス 152,250 円 (税込) となります。

NetAdvantage の開発パッケージに含まれる製品は以下のものです。

 

 

NetAdvantage Ultimate

NetAdvantage for .NET

NetAdvantage for Windows Forms

NetAdvantage for ASP.NET

NetAdvantage for jQuery

NetAdvantage Reporting

NetAdvantage for WPF

NetAdvantage for Silverlight

NetAdvantage for WPF Data Visualization

 

NetAdvantage for Silverlight Data Visualization

 

NetAdvantage for Windows Phone

 



・すべてのインフラジスティックス製品は購入日より 1 年間有効なサブスクリプション付きにて販売しており、サブスクリプションは 1 年ごとの更新が可能です。(更新価格は製品価格の半額)
・有効なサブスクリプションをお持ちのお客様には、技術サポート・新バージョンへのアップグレード・ソースコードを全て無償にて提供しています。
・現在お使いの製品から上位製品へのアップグレード パス (有料) も別途ご用意しています。

製品価格およびコーポレート ディスカウント ( 10 ライセンス以上) については別途お見積りいたします。当製品に関するお見積りのご依頼、ご質問はセールス & インフォメーション JapanSalesGroup@infragistics.com までお問い合わせ下さい。


インフラジスティックス・ジャパンについて

インフラジスティックス・ジャパンは、設立以来20 年以上に渡りプレゼンテーション レイヤーのコンポーネント産業におけるマーケットリーダーであるInfragistics, Inc. によって 2006 年に設立された日本法人です。

インフラジスティックスの NetAdvantage 製品は Windows Forms、ASP.NET、WPF、Silverlight、jQuery といった様々なプラットフォームに対応した開発支援ツールであり、非常に簡単に優れたプレゼンテーションレイヤーの開発、高度なユーザーエクスペリエンスの実現を可能とすることで、世界ではフォーチュン 200 企業の 9 割以上で標準的に採用され、日本国内でもすでに1000 社を超える企業にて採用されています。更には UIを彩るアイコン製品の販売、製品サポート、技術トレーニングを提供しています。

成功の歴史を作ることと同様にお客様を喜ばせることに注力する社風であるインフラジスティックスは今もなお、多くのお客様に支えられ成長を続けております。インフラジスティックス・ジャパンの会社情報、製品情報については http://jp.infragistics.com をご覧いただくか、下記問い合わせ先までご連絡ください。

本件に関するお問い合わせ先:

インフラジスティックス・ジャパン株式会社  
マーケティング&セールス

塚越 正寛 
E-mail  JapanSalesGroup@infragistics.com
Phone      03-5474-8034 (代表)
Fax           03-3405-1475
http://jp.infragistics.com/