Web Components コンボボックスの概要

    Web Components コンボボックスは、ユーザーが提供されたリストでさまざまな定義済みオプションを簡単に選択、フィルタリング、およびグループ化できるようにする軽量のエディターです。このコンポーネントは、Web Components コンボボックス キーボード ナビゲーションのオプション、項目、ヘッダー、およびフッターの表示方法をカスタマイズするためのテンプレートもサポートしています。

    Ignite UI for Web Components コンボボックス コンポーネントは、ユーザーが選択できるオプションのリストを提供します。仮想化された項目のリストにすべてのオプションが表示されます。つまり、コンボボックスは、1 つ以上のオプションを選択できる数千のレコードを同時に表示できます。さらに、このコンポーネントには、大文字と小文字を区別するフィルタリング、グループ化、複雑なデータ バインディングなどの機能があります。

    Web Components コンボボックスの例

    Ignite UI {Palform} コンボボックス コンポーネントを使用した作業の開始

    まず、次のコマンドを実行して Ignite UI for Web Components をインストールする必要があります:

    npm install igniteui-webcomponents
    

    ComboBox コンポーネントを使用する前に、追加のコンポーネントとともに登録する必要があります:

    import { defineComponents, IgcComboComponent }
    from 'igniteui-webcomponents';
    import 'igniteui-webcomponents/themes/light/bootstrap.css';
    
    defineComponents(IgcComboComponent);
    
    Warning

    IgcComboComponent コンポーネントは標準の <form> 要素では機能しません。代わりに IgcFormComponent を使用してください。

    次に、オプションのリストを構築するコンボ データ ソースに、オブジェクトの配列をバインドします。

    interface City {
        id: string;
        name: string;
    }
    
    const cities: City[] = [
        { name: 'London', id: 'UK01' },
        { name: 'Sofia', id: 'BG01'},
        { name: 'New York', id: 'NY01'}
    ];
    
    export class Sample {
        private combo: IgcComboComponent<City>;
    
        constructor() {
            this.combo = document.getElementById('basic-combo') as IgcComboComponent<City>;
            this.combo.data = cities;
        }
    }
    
    <igc-combo id="basic-combo" display-key="name" value-key="id"></igc-combo>
    

    データ値と表示プロパティ

    コンボは複雑なデータ (オブジェクト) の配列にバインドされているため、選択した項目を処理するために使用するプロパティを指定する必要があります。コンポーネントは以下のプロパティを公開します:

    • displayKey - オプション、オブジェクト配列の場合は必須 - データ ソースのどのフィールドを表示値として使用するかを決定します。displayKey に値が指定されていない場合、コンボは指定された valueKey (存在する場合) を使用します。
    • valueKey - オプション、オブジェクト配列の場合に推奨 - データ ソースのどのフィールドを使用して選択を行うかを決定します。valueKey を省略した場合、選択 API はオブジェクト参照を使用して項目を選択します。

    この例では、コンボに各都市の name 名前を表示し、id フィールドを使用して項目を選択するようにします。したがって、これらのプロパティをコンボの displayKeyvalueKey にそれぞれ提供します。

    Note

    データ ソースがプリミティブ型 (stringsnumbersなど) で構成されている場合は、valueKeydisplayKey指定しないでください

    選択 API

    コンボ コンポーネントは、現在選択されている項目を変更できる API を公開します。

    ユーザーの操作によってオプションのリストから項目を選択する以外に、プログラムで項目を選択することもできます。これは、select および deselect メソッドを介して行われます。項目の配列をこれらのメソッドに渡すことができます。メソッドが引数なしで呼び出された場合、呼び出されたメソッドに応じて、すべての項目が選択 / 選択解除されます。コンボ コンポーネントに valueKey を指定した場合は、選択 / 選択解除する項目の値キーを渡す必要があります。

    一部の項目を選択 / 選択解除:

    // Select/deselect items by their IDs as valueKey is set to 'id'
    combo.select(['BG01', 'BG02', 'BG03', 'BG04']);
    combo.deselect(['BG01', 'BG02', 'BG03', 'BG04']);
    

    すべての項目を選択 / 選択解除:

    // Select/deselect all items
    combo.select();
    combo.deselect();
    

    valueKey プロパティを省略した場合は、オブジェクト参照として選択 / 選択解除する項目を列挙する必要があります。

    // Select/deselect values by object references when no valueKey is provided
    combo.select([cities[1], cities[5]]);
    combo.deselect([cities[1], cities[5]]);
    

    検証

    Ignite UI for Web Components Combo コンポーネントは、requireddisabledautofocusinvalid など、ほとんどの入力プロパティをサポートしています。このコンポーネントは、その検証にバインドされた 2 つのメソッドも公開しています。

    • reportValidity() - 有効性をチェックし、コンポーネントが検証の制約を満たしている場合は true を返します。
    • checkValidity() - ネイティブ入力 API に準拠するための reportValidity のラッパー。

    キーボード ナビゲーション

    コンボ コンポーネントがフォーカスされていて、オプションのリストが表示されていない場合:

    • 下矢印/Alt + 下矢印 キーを使用してオプションのリストを開きます。

    コンボ コンポーネントがフォーカスされ、オプションのリストが表示されている場合:

    • 下矢印 キーを使用すると、リスト内の次の項目がアクティブになります。
    • 上矢印 キーを使用すると、リスト内の前の項目がアクティブになります。最初の項目がすでにアクティブな場合、入力にフォーカスします。
    • Home または End キーを使用すると、リストの最初または最後の項目がアクティブになります。
    • Space キーを使用すると、アクティブな項目が選択されます。
    • Enter キーを使用すると、アクティブな項目が選択され、オプションのリストが閉じます。
    • Esc または Tab/Shift + Tab キーを使用すると、オプションのリストが閉じます。

    コンボのスタイル設定

    Ignite UI for Web Components IgcComboComponent コンポーネントとその項目の外観は、以下に示す公開 CSS パーツを使用して変更できます。

    CSS パーツ

    パーツ名 説明
    label カプセル化されたテキスト ラベル。
    input メイン入力フィールド。
    native-input メイン入力フィールドのネイティブ入力。
    prefix プレフィックス ラッパー。
    suffix サフィックス ラッパー。
    toggle-icon トグル アイコン ラッパー。
    clear-icon クリア アイコン ラッパー。
    case-icon フィルター入力のサフィックス内のコンテンツを描画するケース アイコン ラッパー。
    helper-text ヘルパー テキスト ラッパー。
    search-input 検索入力フィールド。
    list-wrapper オプション ラッパーのリスト。
    list オプションボックスのリスト。
    item オプションのリスト内の各項目を表します。
    group-header オプションのリストの各ヘッダーを表します。
    active 項目がアクティブな場合に、項目パーツ リストに追加されます。
    selected 項目が選択されている場合に、項目パーツ リストに追加されます。
    checkbox 各リスト項目の各チェックボックスを表します。
    checkbox-indicator 各リスト項目のチェックボックス インジケーターを表します。
    checked チェックボックスがチェックされている場合に、チェックボックス パーツ リストに追加されます。
    header ヘッダー コンテンツを保持するコンテナー。
    footer フッター コンテンツを保持するコンテナー。
    empty 空のコンテンツを保持するコンテナ。

    API リファレンス

    その他のリソース