Linear Gauge

Linear Gauge コンポーネントは、値とスケールまたは複数の範囲に対する比較を表示します。

デモ

Linear Gauge コンポーネントは、データをリニア ゲージ形式で可視化するコントロールです。スケールおよび 1 つ以上の範囲と比較した値をシンプルで簡潔に表示することが可能で、スケール、針、目盛 (1 組)、ラベル (1 組) がサポートされます。このコンポーネントには、アニメーション化されたトランジションのサポートも組み込まれており、アニメーションでは、transitionDuration プロパティの設定で簡単にカスタマイズできます。 また構成可能な向きや方向、視覚要素やツールチップなどがサポートされます。

以下のサンプルは、同じゲージでいくつかのプロパティを設定して全く異なるゲージにする方法を示します。

依存関係

gauges パッケージをインストールするときに core パッケージもインストールする必要があります。

  • npm install --save igniteui-react-core
  • npm install --save igniteui-react-gauges

必要なモジュール

IgrLinearGauge は、以下のモジュールが必要です。

import { IgrLinearGaugeModule } from "igniteui-react-gauges/ES5/igr-linear-gauge-module";
import { IgxLinearGauge } from "ignite-react-gauges/ES5/igx-linear-gauge";

IgrLinearGaugeModule.register();

使用方法

以下のコードは針およびスケールで 3 つの比較範囲を含むリニア ゲージを作成する方法を紹介します。

 <IgrLinearGauge width="70px"
                   height="300px"
                   minimumValue = {5}
                   maximumValue = {55}
                   value = {43}>
    <IgrLinearGraphRange startValue={0}
                            endValue={15}
                            brush="red"/>
    <IgrLinearGraphRange startValue={15}
                            endValue={30}
                            brush="yellow"/>
    <IgrLinearGraphRange startValue={30}
                            endValue={55}
                            brush="green"/>
 </IgrLinearGauge>

設定可能な要素

これは、コンポーネントで表示されるプライマリ メジャーでバーで可視化されます。あるいは以下で示す図形のほとんどすべてをカスタマイズすることもできます。

 <IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0}
    maximumValue={100} interval={10}
    value={50}
    isNeedleDraggingEnabled=true
    needleShape="Custom"
    needleBrush="DodgerBlue"
    needleOutline="DodgerBlue"
    needleStrokeThickness={1}
    needleBreadth={15}
    needleInnerExtent={0.35}
    needleOuterExtent={0.65}
    needleOuterPointExtent={0.8}
    needleInnerPointExtent={0.325}
    needleInnerPointWidth={0}
    needleOuterPointWidth={0.3}
    needleInnerBaseWidth={0}
    needleOuterBaseWidth={0.07}/>

範囲

範囲はスケールで指定した値の範囲を強調表示する視覚的な要素です。その目的は、パフォーマンス バー メジャーの質的状態を視覚で伝えると同時に、その状態をレベルとして示すことにあります。

<IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0} value={50}
    maximumValue={100} interval={10}
    rangeBrushes="#a4bd29, #F86232"
    rangeOutlines="#a4bd29, #F86232" >
    <IgrLinearGraphRange
        startValue={0} endValue={50}
        innerStartExtent={0.075} innerEndExtent={0.075}
        outerStartExtent={0.25} outerEndExtent={0.4}/>
    <IgrLinearGraphRange
        startValue={50} endValue={100}
        innerStartExtent={0.075} innerEndExtent={0.075}
        outerStartExtent={0.4} outerEndExtent={0.55}/>
</IgrLinearGauge>

目盛

目盛は、リニア ゲージを読み取りやすくするために、目盛の間隔でスケールを分割して見せる役割を果たします。

主目盛 - 主目盛は、スケールの主要な区切りとして使用されます。表示間隔、範囲、およびスタイルは、対応するプロパティを設定し制御できます。

補助目盛 - 補助目盛は主目盛を補助し、スケールの数値を読み取りやすくするために追加して使用します。主目盛と同じ方法でカスタマイズできます。

<IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0} value={50}
    maximumValue={100}
    interval={10}
    tickBrush="DodgerBlue"
    ticksPreTerminal={0}
    ticksPostInitial={0}
    tickStrokeThickness={2}
    tickStartExtent={0.25}
    tickEndExtent={0.05}
    minorTickCount={4}
    minorTickBrush="DarkViolet"
    minorTickEndExtent={0.05}
    minorTickStartExtent={0.15}
    minorTickStrokeThickness={1}/>

ラベル

ラベルはスケールのメジャーを示します。

<IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0} value={50}
    maximumValue={100} interval={10}
    labelInterval={10}
    labelExtent={0.025}
    labelsPreTerminal={0}
    labelsPostInitial={0}
    fontBrush="DodgerBlue"
    font="11px Verdana"/>

バッキング

バッキング要素はブレット グラフ コントロールの背景と境界線を表します。常に最初に描画される要素でラベルやメモリなどの残りの要素は互いにオーバーレイします。

<IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0} value={50}
    maximumValue={100} interval={10}
    backingBrush="#bddcfc"
    backingOutline="DodgerBlue"
    backingStrokeThickness={4}
    backingInnerExtent={0}
    backingOuterExtent={1}/>

スケール

スケールはゲージで値の全範囲を強調表示する視覚的な要素です。外観やスケールの図形のカスタマイズ、更にスケールを反転 (IsScaleInverted プロパティを使用) させて、すべてのラベルを左から右ではなく、右から左へ描画することもできます。

<IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0} value={50}
    maximumValue={100} interval={10}
    isScaleInverted={false}
    scaleBrush="DodgerBlue"
    scaleOutline="DarkViolet"
    scaleStrokeThickness={1}
    scaleInnerExtent={0.05}
    scaleOuterExtent={0.65}
    scaleStartExtent={0.05}
    scaleEndExtent={0.95}/>

まとめ

上記すべてのコード スニペットを以下のコード ブロックにまとめています。プロジェクトに簡単にコピーしてブレットグラフのすべての機能を再現できます。

<IgrLinearGauge
    height="80px" width="400px"
    minimumValue={0}
    maximumValue={100}

    labelInterval={10}
    labelExtent={0.025}
    labelsPreTerminal={0}
    labelsPostInitial={0}
    fontBrush="Black"
    font="11px Verdana"

    interval={10}
    tickBrush="Black"
    ticksPreTerminal={0}
    ticksPostInitial={0}
    tickStrokeThickness={2}
    tickStartExtent={0.25}
    tickEndExtent={0.05}

    minorTickCount={4}
    minorTickBrush="Black"
    minorTickEndExtent={0.05}
    minorTickStartExtent={0.15}
    minorTickStrokeThickness={1}

    value=50
    isNeedleDraggingEnabled=true
    needleShape="Custom"
    needleBrush="Black"
    needleOutline="Black"
    needleStrokeThickness={1}
    needleBreadth={15}
    needleInnerExtent={0.35}
    needleOuterExtent={0.65}
    needleOuterPointExtent={0.8}
    needleInnerPointExtent={0.325}
    needleInnerPointWidth={0}
    needleOuterPointWidth={0.3}
    needleInnerBaseWidth={0}
    needleOuterBaseWidth={0.07}

    isScaleInverted=false
    scaleBrush="Gray"
    scaleOutline="Gray"
    scaleStrokeThickness={1}
    scaleInnerExtent={0.05}
    scaleOuterExtent={0.65}
    scaleStartExtent={0.05}
    scaleEndExtent={0.95}

    backingBrush="#cecece"
    backingOutline="#cecece"
    backingStrokeThickness={4}
    backingInnerExtent={0}
    backingOuterExtent={1}

    rangeBrushes ="#C62828, #F96232, #FF9800"
    rangeOutlines="#C62828, #F96232, #FF9800">
    <IgrLinearGraphRange
        startValue={0} endValue={50}
        innerStartExtent={0.075} innerEndExtent={0.075}
        outerStartExtent={0.25} outerEndExtent={0.4}/>
    <IgrLinearGraphRange
        startValue={50} endValue={100}
        innerStartExtent={0.075} innerEndExtent={0.075}
        outerStartExtent={0.4} outerEndExtent={0.55}/>
</IgrLinearGauge>