React Grid 列オプションの概要

Ignite UI for React データ グリッドは、各列ヘッダに表示される UI による列のグループ化、非表示、移動、固定、フィルター、およびソートの機能をサポートします。

列オプション UI を有効にするには、グリッドの isColumnOptionsEnabled プロパティを true に設定します。

React Grid 列オプションの例

Edit on CodeSandbox

列オプションの構成

列の isFilteringEnabled プロパティにより、列ごとにフィルタリングの有効/無効化を切り替えることができます。True または false に設定すると、列のオプション UI のフィルタリング セクションが表示または非表示になります。

headerClickAction プロパティを使用すると、グリッド全体のソートの有効/無効化を切り替えることができます。これを None に設定すると、グリッドのソートが完全に削除され、各列のオプション UI に反映されます。SortByOneColumnOnly を設定すると、一度に 1 つの列のソートが有効になります。

コード スニペット

以下のコードは、グリッドと列を調整することにより、列オプション UI でフィルタリングとソートをプログラムで有効にする方法を紹介します。

<IgrDataGrid
height="1-00%"
width="100%"
headerClickAction="SortByOneColumnOnly"
isColumnOptionsEnabled="true">
    <IgrTextColumn field="ID" isFilteringEnabled="false"/>
</IgrDataGrid>
import { HeaderClickAction } from 'igniteui-react-grids';

//enable column options
this.grid.isColumnOptionsEnabled="true";

//adjust filtering for column
let idColumn = this.grid.actualColumns.item(0);
idColumn.isFilteringEnabled="false";

//adjust sorting
this.grid.headerClickAction = HeaderClickAction.SortByOneColumnOnly;