React ポイント チャート

Ignite UI for React ポイント チャートはカテゴリ チャートのグループに属します。チャートのポイントまたはマーカーとしてデータを描画するように設計されています。数値は y 軸に対応し、x 軸はラベルを表示するために使用されます。

React データ チャートは、単一または複数のポイント シリーズ オブジェクトのレンダリングに対応します。これは 2 つ以上のコレクションのデータに対応できるということになります。

React ポイント チャートの例

Edit on CodeSandbox

軸の要件

React データ チャート コンポーネントはさまざまなタイプの軸を提供しますが、IgrPointSeries で使用できるのは以下のタイプの軸のみです。

データの要件

IgrPointSeries には以下のデータ要件があります。

  • データソースはデータ項目の配列またはリストである必要があります。
  • データソースにはデータ項目を少なくとも 1 つ含む必要があり、含まれない場合はチャートで IgrPointSeries がレンダリングされません。
  • すべてのデータ項目には、財務軸 (IgrCategoryXAxis など) の IgrLabel プロパティにマッピングする必要があるデータ列 (文字列または日時)を少なくとも 1 列含める必要があります
  • すべてのデータ項目には、IgrPointSeriesValueMemberPath プロパティにマッピングする必要がある数値データ列を少なくとも 1 列含める必要があります。

上記データ要件を満たすデータソースとして SampleCategoryData を使用できます。

public dataSource: any[] = SampleCategoryData.create();

モジュールの要件

IgrPointSeries を作成するには、以下のモジュールが必要です。

// axis' modules:
import { IgrNumericYAxis } from 'igniteui-react-charts';
import { IgrCategoryXAxis } from 'igniteui-react-charts';
// series' modules:
import { IgrPointSeries } from 'igniteui-react-charts';
// data chart's modules:
import { IgrDataChart } from 'igniteui-react-charts';
import { IgrDataChartCoreModule } from 'igniteui-react-charts';
import { IgrDataChartCategoryModule } from 'igniteui-react-charts';

// registering data chart's modules:
IgrDataChartCoreModule.register();
IgrDataChartCategoryModule.register();

コード例

このコードは、IgrPointSeries を使用して Ignite UI for React データ チャートのインスタンスを作成し、それをデータソースにバインドする方法を示します。

 <IgrDataChart
    dataSource={this.state.dataSource}
    width="700px"
    height="500px">
    {/* axes */}
    <IgrCategoryXAxis name="xAxis" label="Year" />
    <IgrNumericYAxis  name="yAxis" />
    {/* series */}
    <IgrPointSeries
        name="series1"
        xAxisName="xAxis"
        yAxisName="yAxis"
        valueMemberPath="USA" />
 </IgrDataChart>
const series1 = new IgrPointSeries({ name: "series1" });
series1.valueMemberPath = "USA";
series1.xAxisName = "xAxis";
series1.yAxisName = "yAxis";

const yAxis = new IgrNumericYAxis({ name: "yAxis" });
const xAxis = new IgrCategoryXAxis({ name: "xAxis" });
xAxis.label = "Year";

this.chart = new IgrDataChart({ name: "chart" });
this.chart.dataSource = SampleCategoryData.create();
this.chart.axes.add(yAxis);
this.chart.axes.add(xAxis);
this.chart.series.add(series1);

その他のリソース