Blazor ラジアル折れ線チャート

Ignite UI for Blazor ラジアル折れ線チャートは、放射チャートのグループに属し、データ ポイントを接続する直線のコレクションを使用して描画されます。RadialLineSeriesLineSeries と同じデータ プロットの概念を使用していますが、横の線に沿って伸びるのではなく、円の周りでデータ ポイントをラップします。

Blazor ラジアル折れ線チャートの例

軸の要件

Blazor データ チャート コンポーネントはさまざまなタイプの軸を提供しますが、RadialLineSeries で使用できるのは以下のタイプの軸のみです。

  • NumericRadiusAxis
  • CategoryAngleAxis

データの要件

RadialLineSeries には以下のデータ要件があります。

  • データソースはデータ項目の配列またはリストである必要があります。
  • データソースにはデータ項目を少なくとも 1 つ含む必要があり、含まれない場合はチャートで RadialLineSeries がレンダリングされません。
  • すべてのデータ項目には、財務軸 (CategoryAngleAxis など) の Label プロパティにマッピングする必要があるデータ列 (文字列または日時)を少なくとも 1 列含める必要があります
  • すべてのデータ項目には、RadialLineSeriesValueMemberPath プロパティにマッピングする必要がある数値データ列を少なくとも 1 列含める必要があります。

上記データ要件を満たすデータソースとして SampleRadialData を使用できます。

モジュールの要件

RadialLineSeries を作成するには、以下のモジュールが必要です。

DataChartCoreModule.Register(IgniteUIBlazor);
RadialLineSeriesModule.Register(IgniteUIBlazor);
RadialLineSeriesCoreModule.Register(IgniteUIBlazor);
DataChartInteractivityModule.Register(IgniteUIBlazor);

コード例

このコードは、RadialLineSeries を使用して Ignite UI for Blazor データ チャートのインスタンスを作成し、それをデータソースにバインドする方法を示します。

<DataChart Height="500px" Width="750px">
        <CategoryAngleAxis Name="angleAxis" Label="Department" />
        <NumericRadiusAxis Name="radiusAxis" />
        <RadialLineSeries Name="series1"
            DataSource="@DataSource"
            AngleAxisName="angleAxis"
            ValueMemberPath="Budget"
            ValueAxisName="radiusAxis"
            />
</DataChart>

その他のリソース