クラス IgxTreeGridRowComponent

階層

実装

  • DoCheck

コンストラクタ

プロパティ

アクセサー

メソッド

コンストラクタ

constructor

プロパティ

cdr

cdr: ChangeDetectorRef

cells

cells: QueryList<any>

行コンポーネントの描画されるセル。

const row = this.grid.getRowByKey(1);
const cells = row.cells;

element

element: ElementRef

gridAPI

gridAPI: GridBaseAPIService<IgxTreeGridComponent>

index

index: number

行のインデックス。

//2 番目に選択された項目のインデックスを取得します。
let selectedRowIndex = this.grid.selectedRows[1].index;

アクセサー

dataRowIndex

  • get dataRowIndex(): number

expanded

  • get expanded(): boolean
  • set expanded(value: boolean): void
  • 行が展開されるかどうかを指定する値を返します。

    const row = this.grid.getRowByKey(1) as IgxTreeGridRowComponent;
    const expanded = row.expanded;

    返却 boolean

  • 行コンポーネントが展開されたどうかを示す値を設定します。

    const row = this.grid.getRowByKey(1) as IgxTreeGridRowComponent;
    row.expanded = true;

    パラメーター

    • value: boolean

    返却 void

grid

  • 選択した行を含むグリッドへの参照を取得します。

    handleRowSelection(event) {
     // onRowSelectionChange イベントがトリガーするグリッド。
     const grid = event.row.grid;
    }
     <igx-grid
       [data]="data"
       (onRowSelectionChange)="handleRowSelection($event)">
     </igx-grid>

    返却 IgxTreeGridComponent

inEditMode

  • get inEditMode(): boolean

nativeElement

  • get nativeElement(): any
  • 行を表すネイティブ DOM 要素。特定の環境で null 値か可能です。

    // 選択された 2 番目の nativeElement を取得します。
    let selectedRowNativeElement = this.grid.selectedRows[1].nativeElement;

    返却 any

rowData

  • get rowData(): any
  • set rowData(v: any): void
  • 行コンポーネントに渡されるデータ。

    // 最初に選択された行のデータを取得します。
    let selectedRowData = this.grid.selectedRows[0].rowData;

    返却 any

  • 行コンポーネントに渡されるデータ。

    // 最初に選択された行のデータを取得します。
    let selectedRowData = this.grid.selectedRows[0].rowData;

    パラメーター

    • v: any

    返却 void

treeRow

メソッド

delete

  • delete(): void
  • グリッドのデータソースから指定した行を削除します。 このメソッドは onRowDeleted イベントを発生します。

    // グリッドで 3 番目に選択された行を削除します。
    this.grid.selectedRows[2].delete();

    返却 void

update

  • update(value: any): void
  • 指定した行オブジェクトおよびデータ ソース レコードを渡された値で更新します。 このメソッドは onEditDone イベントを発生します。

    // 2 番目に選択された行の値を更新します。
    let newValue = "Apple";
    this.grid.selectedRows[1].update(newValue);

    パラメーター

    • value: any

    返却 void