クラス IgxTextHighlightDirective

階層

  • IgxTextHighlightDirective

実装

  • AfterViewInit
  • AfterViewChecked
  • OnDestroy
  • OnChanges

Index

コンストラクタ

プロパティ

activeCssClass: string

アクティブな強調表示要素の CSS クラスを決定します。 開発者が強調表示をカスタマイズするためにカスタム CSS を提供できます。

<div
igxTextHighlight
[activeCssClass]="activeHighlightClass">
</div>
column: any

ディレクティブが現在存在する列の識別子。

<div
igxTextHighlight
[column]="0">
</div>
cssClass: string

強調表示要素の CSS クラスを決定します。 開発者が強調表示をカスタマイズするためにカスタム CSS を提供できます。

<div
igxTextHighlight
[cssClass]="myClass">
</div>
groupName: string = ''

一意のグループで強調表示を識別します。 別々のアクティブな強調表示を持つ複数の強調表示グループが可能になります。

<div
igxTextHighlight
[groupName]="myGroupName">
</div>
metadata: Map<string, any>

A map that contains all aditional conditions, that you need to activate a highlighted element. To activate the condition, you will have to add a new metadata key to the metadata property of the IActiveHighlightInfo interface.

example
 // Set a property, which would disable the highlight for a given element on a cetain condition
const metadata = new Map<string, any>();
metadata.set('highlightElement', false);
<div
igxTextHighlight
[metadata]="metadata">
</div>
renderer: Renderer2
row: any

ディレクティブが現在存在する行の識別子。

<div
igxTextHighlight
[row]="0">
</div>
highlightGroupsMap: Map<string, IActiveHighlightInfo> = ...

アクセサー

  • get value(): any
  • set value(value: any): void

メソッド

  • activateIfNecessary(): void
  • clearHighlight(): void
  • highlight(text: string, caseSensitive?: boolean, exactMatch?: boolean): number
  • observe(): void
  • clearActiveHighlight(groupName: any): void