クラス IgxMonthPickerBaseDirective

階層

実装

  • ControlValueAccessor

プロパティ

activeViewChanged

activeViewChanged: EventEmitter<CalendarView> = new EventEmitter<CalendarView>()

アクティブ ビューが変更されるときにイベントを発生します。

<igx-calendar (activeViewChanged)="activeViewChanged($event)"></igx-calendar>
public activeViewChanged(event: CalendarView) {
 let activeView = event;
}

hideOutsideDays

hideOutsideDays: boolean = false

現在の月以外の日付を非表示にするかどうかを設定または取得します。 デフォルト値は false です。

<igx-calendar [hideOutsideDays] = "true"></igx-calendar>
let hideOutsideDays = this.calendar.hideOutsideDays;

onSelection

onSelection: EventEmitter<Date | Date[]> = new EventEmitter<Date | Date[]>()

日付が選択されたときにイベントを発生します。 selectedDates プロパティに参照を提供します。

viewDateChanged

viewDateChanged: EventEmitter<IViewDateChangeEventArgs> = new EventEmitter<IViewDateChangeEventArgs>()

月ビューが変更されるときにイベントを発生します。

<igx-calendar (viewDateChanged)="viewDateChanged($event)"></igx-calendar>
public viewDateChanged(event: IViewDateChangeEventArgs) {
 let viewDate = event.currentValue;
}

アクセサー

activeView

disabledDates

formatOptions

formatViews

locale

  • get locale(): string
  • set locale(value: string): void

selection

  • get selection(): string
  • set selection(value: string): void

specialDates

value

  • get value(): Date | Date[]
  • set value(value: Date | Date[]): void
  • 選択された日付を設定します。

    選択が single を設定した場合、単一の Date オブジェクトを返します。 それ以外の場合、Date オブジェクトの配列です。

    返却 Date | Date[]

  • 選択された日付を設定します。

    選択が single に設定される場合、単一の Date オブジェクトを許容します。 それ以外の場合、Date オブジェクトの配列です。

    パラメーター

    • value: Date | Date[]

    返却 void

viewDate

  • get viewDate(): Date
  • set viewDate(value: Date): void

weekStart

  • get weekStart(): WEEKDAYS | number
  • set weekStart(value: WEEKDAYS | number): void

メソッド

deselectDate

  • deselectDate(value?: Date | Date[]): void

selectDate

  • selectDate(value: Date | Date[]): void