クラス IgxPivotRowComponent

階層

  • IgxRowDirective
    • IgxPivotRowComponent

Index

コンストラクタ

  • new IgxPivotRowComponent(grid: PivotGridType, selectionService: IgxGridSelectionService, element: ElementRef<HTMLElement>, cdr: ChangeDetectorRef, resolver: ComponentFactoryResolver, viewRef: ViewContainerRef): IgxPivotRowComponent

プロパティ

cdr: ChangeDetectorRef
element: ElementRef<HTMLElement>
grid: PivotGridType
index: number

行のインデックス。

//2 番目に選択された項目のインデックスを取得します。
let selectedRowIndex = this.grid.selectedRows[1].index;
selectionService: IgxGridSelectionService

アクセサー

  • get cellHeight(): number
  • get dataRowIndex(): number
  • get expanded(): boolean
  • set expanded(val: boolean): void
  • get key(): any
  • 行の ID を取得します。 グリッドの行は、次のいずれかの方法で識別されます:

    • primaryKey の値、
    • primaryKey が省略された場合、データ全体。
    let rowID = this.grid.selectedRows[2].key;
    

    返却 any

  • get nativeElement(): HTMLElement
  • 行を表すネイティブ DOM 要素。特定の環境で null 値が可能です。

    // 選択された 2 番目の nativeElement を取得します。
    let selectedRowNativeElement = this.grid.selectedRows[1].nativeElement;

    返却 HTMLElement

  • get rowHeight(): number

メソッド

  • isCellActive(visibleColumnIndex: any): boolean