バージョン

バージョンフリー アセンブリ名

バージョンフリーの名前が付いたアセンブリには、末尾にバージョン ナンバーがないため、CLR は名前で識別します。たとえば、「Infragistics2.RFT.Shared.v10.3.dll」は、「Infragistics.RFT.Shared.dll」になります。

Test Automation RFT バージョンフリーの名前が付いたアセンブリは、Infragistics Windows Forms のバージョンフリーの名前が付いたアセンブリ (Infragistics.Win.dll など) と互換性があります。これらのアセンブリは、Infragistics のバージョンフリー名のアセンブリを使用して構築されたアプリケーションをテストする場合に必要です。

Test Automation アセンブリは対応する Infragistics アセンブリを参照します。バージョンフリーの Infragistics アセンブリは名前が異なるため、バージョンフリー Test Automation アセンブリの新しいセットが必要です。

バージョン ユーティリティ ツールを使用して、アセンブリをバージョンフリー ビルド バージョンに切り替えることができます。バージョン ユーティリティの詳細は、 バージョン ユーティリティの使用のトピックを参照してください。