バージョン

はじめに

Windows Forms Test Automation for IBM (Rational Functional Tester) によるオートメーション テストは、実際にテストの記録と再生という 2 つの主要なタスクで構成されています。記録の段階では、テスターはエンド ユーザーがテスト済みのソフトウェア パッケージを使用し直面すると予想される多くのシナリオ(またはすべてのシナリオ)で操作を実行します。テスターはテストの再生中に、入力の変更、チェックポイントの設定、記録されたテスト (回帰テスト) を迅速に繰返し調べることができます。

Windows Forms Test Automation for IBM (Rational Functional Tester) 製品を迅速に設定および実行する方法の重要な情報については、以下のリンクをクリックしてください。