バージョン

IGGridView

このセクションは、 IGGridView™ コントロールの使用に関する概要を提供します。 このコントロールが実行することや、コントロールを使った共通タスクの実現方法の手順などの、様々な情報が含まれています。

以下のリンクをクリックして、 IGGridView コントロールについての情報を参照できます。

IGGridView について

IGGridView Example.png

グリッド ビューは単一または複数列のビューで、行とセルを垂直方向または水平方向にスクロールすることができます。グリッドの各項目で構成されるセルは、 IGGridViewCellBase オブジェクトです。これらのオブジェクトは、各セルレベルまたは行レベルで挿入、削除、または並べ替えが可能な特定の行と列を表します。

グリッド ビューは、独自の行を持つゼロ以上のセクションから構成されます。セクションはグリッドビュー内のインデックス番号で識別されます。行はセクション内のインデックス番号によって識別されます。また、列は行内のインデックスによって識別されます。セクションはオプションでセクションヘッダーを使用できます。セクションフッターを使用することも可能です。

グリッド ビューは、2 つのスタイル IGGridViewStyleDefault および IGGridViewStyleSingleCellPaging を持つことができます。 IGGridView インスタンスを使用する場合、グリッドスタイルを指定する必要があります。このスタイルは変更できません。スタイルが設定されていない場合、デフォルトのスタイルを使用します。デフォルトのスタイルでは、セルと行のサイズがその列幅と行の高さになり、セクションはヘッダーとフッターを表示できます。単一セルページングスタイルは、グリッドビューポイントのサイズに一致する単一セルを表示します。このスタイルのタイプは、アプリケーションで一度に 1 項目のみ表示する場合に便利です。

IGGridView の多くのメソッドは、 IGRowPath または IGCellPath オブジェクトを取得します。 IGRowPath を作成するために pathForRow:inSection: 静的メソッドを使用できます。また、 IGCellPath を作成するために cellPathForRow:inSection:inColumn: 静的メソッドを使用できます。

IGGridView オブジェクトは、データ ソースとデリゲートとして動作するオブジェクトが必要です。通常これらのオブジェクトはアプリケーション デリゲートです。データ ソースは、 IGGridViewDataSource プロトコルに適応、デリゲートは IGGridViewDelegate プロトコルに適応させる必要があります。データソースは、テーブルを構成するためにグリッドビューが必要な情報を提供し、テーブルの行やセルの挿入、削除、並べ替えでデータ モデルを管理します。デリゲートは、グリッドに使用されるセルを提供し、選択などの他のタスクを実行します。セルの作成とデータ管理を簡素化する IGGridViewDataSourceHelper オブジェクトを利用して開発工数を削減できます。データ ソース ヘルパーは、 IGGridViewSingleRowSingleFieldDataSourceHelperIGGridViewSingleFieldMultiColumnDataSourceHelper などの実装方法があり、列として各行を処理するなど、リニア データを異なる方法で表示できます。

IGGridView は、表示列のみでセルをキャシュします。ただし、行、ヘッダー、およびフッターの高さはグリッド全体でキャッシュします。 IGGridViewCellBase から派生することによってカスタム セルを作成できます。

IGGridView は、 IGGridView のインスタンスを作成する場合または新しいデータベースを割り当てる場合に、新しいインスタンスreloadData のみを呼び出します。グリッド ビューの再読み込みは、現在の選択を含む現在の状態をクリアします。グリッド ビューで表示されている現在のデータを更新しながら状態を保持したい場合、updateData を呼び出すことができます。

ショートカット バーを表示するには、データソースはメソッド (sectionIndexTitlesForGridView: gridView: sectionForSectionIndexTitle:atIndex:) を実装する必要があります。ショートカット バーの外観は、プロパティ(shortcutBarColumnBackgroundView, shortcutBarColumnWidth および shorcutBarColor)を使用してカスタマイズできます。

Facebook などのアプリケーションに似た更新メカニズムのためにプルダウンを実装するには、デリゲートが updateRequestedInGridView: メソッドを実装する必要があります。更新の完了後、グリッドビューで finishedUpdating を呼び出します。プルダウンの高さを制御するには、グリッド ビューの pullDownRowHeight プロパティを設定します。プルダウン ビューで表示されるコンテンツをカスタマイズするには、データソースで pullDownCellForGridView: メソッドを実装します。

グリッド フレームワーク ファイルの追加

このトピックでは、 IGGridView コントロールの前提条件であるグリッド フレームワーク ファイルを Xcode プロジェクトに追加する前提要件を説明します。

IGGridView を UIView に追加

このトピックでは、 IGGridView のインスタンスを作成してデータを表示する方法を紹介します。

IGGridView の構成

このグループのトピックは、 IGGridView コントロールの編集、構成、およびサポート機能の使用方法について説明します。

データ バインディング

IGGridView のプロパティおよびメソッドを使用すると、データにバインドし、ユーザー操作に基づいてデータを変更できます。このトピックは、データの接続の概念的な情報とコード スニペットへのリンクを含みます。

テーマ

このトピックでは、 IGGridView コントロールのサポートされるテーマの概要を提供します。