バージョン

データ ソース ヘルパー

トピックの概要

目的

このトピックでは、 IGChartView™ コントロールで使用できるデータ ソース ヘルパーの概要を提供します。

このトピックの内容

このトピックは、以下のセクションで構成されます。

データ ソース ヘルパーの参照

はじめに

データ ソース ヘルパーを使用すると、 IGSeriesDataSource クラスの必須なプロトコル メソッドを実装する必要がありません。コントロール専用のデータ ソース ヘルパーを使用して IGChartView コントロールに簡単にデータをバインドできます。

IGChartView コントロールは、チャートのシリーズ タイプに基づいて複数のデータ ソース ヘルパーがあります。詳細について、データ ソース ヘルパーの参照表を参照してください。

データ ソース ヘルパーの参照表

以下の表は、データ ソース ヘルパーを IGChartView コントロール名および適切なチャート シリーズにマップします。データ ソース ヘルパーを使用するコード スニペットは各 チャート シリーズ トピックに提供されています。

データ ソース ヘルパー名 チャート シリーズの種類

IGBubbleSeriesDataSourceHelper

IGCategorySeriesDataSourceHelper

IGHighLowDateSeriesDataSourceHelper

注:{label} IGHighLowDateSeriesDataSourceHelper範囲柱状シリーズとの使用は推薦されません。

IGHighLowSeriesDataSourceHelper

IGOHLCSeriesDataSourceHelper

IGPolarSeriesDataSourceHelper

IGScatterSeriesDataSourceHelper

IGStackedDateSeriesDataSourceHelper

IGStackedSeriesDataSourceHelper

関連コンテンツ

トピック

以下のトピックでは、このトピックに関連する追加情報を提供しています。

トピック 目的

このトピックは IGChartView コントロールの機能を紹介します。

このトピックのコレクションは IGChartView コントロールでサポートされる各チャートについて説明します。