バージョン

トピックの概要

目的

このトピックは、 IGChartView™ コントロールによってサポートされる軸のタイプを紹介します。

はじめに

軸への導入

IGChartView で、軸は主グリッド線、背景の縞模様、軸ラベル設定をスタイルするための基本的なプロパティを提供します。 IGChartView は、異なるシリーズ グループにより使用された軸のいくつかの種類をサポートしています。使用できる軸は、必要なシリーズ タイプが条件になります。

軸の共通プロパティ

軸の共通プロパティ

各軸タイプは、ユニークなプロパティとすべての軸タイプによって共通されるプロパティで構成されています。以下のテーブルでは、共通プロパティについて説明します。

軸プロパティ 説明

crossingAxis

現在の軸を交差する軸を決定します ( 軸の交差を参照してください)。

crossingValue

他の軸との交差する位置を決定します ( 軸の交差を参照してください)。

IsInverted

軸の方向が反転するかどうかを決定します。

majorStroke

軸の主線のブラシを決定します。

majorStrokeDashArray

軸の主線の破線のパターンと空間を決定します。

majorStrokeThickness

軸の主線の太さを決定します。

minorStroke

軸の副線のブラシを決定します。

minorStrokeDashArray

軸の副線の破線のパターンと空間を決定します。

minorStrokeThickness

軸の副線の太さを決定します。

strip

軸の主線間の軸ストライプのブラシを決定します。

stroke

軸線のブラシを決定します。

strokeDashArray

軸線の破線のパターンと空間を決定します。

strokeThickness

軸線の太さを決定します。

軸のタイプ

軸タイプの表

以下の表は、チャートのプロット エリアでの方向および形状に基づいていくつかのタイプに分類されたすべての軸をリストします。これらの軸タイプのシリーズの適用可能なシリーズのグループもリストします。チャートのプロット エリアの方向/形状でグループ化された軸のタイプとそれぞれの適用可能なシリーズ グループ

軸グループ 軸のタイプ 適用可能なシリーズ グループ

デカルト軸

IGCategoryXAxis

IGCategoryDateTimeXAxis

カテゴリ シリーズ (範囲シリーズおよび積層シリーズを含む)、 散布図シリーズおよび 財務物価シリーズ

IGNumericYAxis

IGNumericXAxis

極座標軸

IGNumericRadiusAxis

IGNumericAngleAxis

IGCategoryAngleAxis

デカルト軸

デカルト軸の概要

デカルト軸は、デカルト座標系にデータ ポイントを表示するシリーズに限って使用されます (例、 散布図シリーズ)。これらの軸は、チャートの X 座標または Y 座標のいずれかに沿って横または縦の直線として表示されます。

デフォルトで、水平軸と垂直軸は、左から右、また上から下に描画されます。個々の軸で IsInverted プロパティを使用することによって、 IGChartView で軸の方向を変えることができます。これらの軸への垂線は「主グリッド線」と呼ばれ、Interval 軸プロパティを構成することで等間隔に配置できます。

IGCategoryXAxis

IGCategoryXAxis では、データはカテゴリ ラベルのシーケンスとして扱われ、マーカーはシーケンスの場所に基づいて X 軸に沿ってポイントで配置されます。次の画像では、 IGCategoryXAxis の描画 のサンプルをハイライトします。

IGChartView   Axes 1.png

IGCategoryDateTimeXAxis

IGCategoryDateTimeXAxis では、データは日付 ラベルのシーケンスとして扱われ、マーカーはデータ列の値に基づいて X 軸に沿ってポイントで配置されます。軸の dateTimeMemberPath プロパティを使用してマップされています。次の画像では、 IGCategoryDateTimeXAxis の描画 のサンプルをハイライトします。

IGChartView   Axes 2.png

IGNumericXAxis

IGNumericXAxis で、データは連続して変化する数値ラベルとして扱われ、マーカーは X 軸に沿ってポイントに配置されます。ラベルは 散布図シリーズでの IGScatterSeriesDataSourceHelperxPath プロパティを使用してマップしたデータ列の値に応じて変化します。次の画像では、 IGNumericXAxis の描画のサンプルをハイライトします。

IGChartView   Axes 3.png

IGNumericYAxis

IGNumericYAxis で、データは連続して変化する数値ラベルとして扱われ、マーカーは Y 軸に沿ってポイントに配置されます。ラベルは カテゴリ シリーズvaluePath プロパティあるいは 散布図シリーズでの IGScatterSeriesDataSourceHelperyPath プロパティを使用してマップしたデータ列の値に応じて変化します。次の画像では、 IGNumericYAxis のサンプルをハイライトします。

IGChartView   Axes 4.png

極座標軸

極座標軸の概要

極座標軸だけで使用されている 極座標シリーズラジアル シリーズは、チャートの角度座標または半径に沿って引いた線として表示されます。以下は、 IGChartView コントロールで適用可能なシリーズによって描画された際のそれぞれの極座標軸がどのように表示するのかを図と共に説明します。

IGNumericAngleAxis

IGNumericAngleAxis で、データは連続して変化する数値ラベルとして扱われ、マーカーは IGNumericAngleAxis に沿ってポイントに配置されます。このポイントは、 極座標シリーズ チャートタイプでの IGPolarSeriesDataSourceHelper の anglePath プロパティを使用してマップされたデータ列の値に基づいて変わります。 IGNumericAngleAxis の詳細は、 数値角度軸の構成トピックを参照してください。

次の画像では、 IGNumericAngleAxis のサンプルをハイライトします。

IGChartView   Axes 5.png

IGNumericRadiusAxis

IGNumericRadiusAxis で、データは連続して変化する数値ラベルとして扱われ、マーカーは IGNumericRadiusAxis に沿ってポイントに配置されます。このポイントは、 極座標シリーズ チャート タイプでの IGPolarSeriesDataSourceHelperradiusPath プロパティ、または ラジアル シリーズ チャート タイプでの IGCategorySeriesDataSourceHelpervaluePath プロパティを使用してマップされるデータ列の値に基づいて変わります。 IGNumericRadiusAxis の詳細は、 数値半径軸の構成トピックを参照してください。

IGCategoryAngleAxis

IGCategoryAngleAxis では、データは非数値のテキスト ラベルのシーケンスとして扱われ、マーカーはシーケンスの場所に基づいて角度軸に沿ってポイントに配置されます。 IGCategoryAngleAxis の詳細は、 カテゴリ角度軸の構成トピックを参照してください。

次の画像では、 IGCategoryAngleAxis のサンプルをハイライトします。

IGChartView   Axes 6.png

関連コンテンツ

トピック

このトピックについては、以下のトピックも合わせてご参照ください。

トピック 目的

IGChartView コントロールで、 IGCategoryXAxis オブジェクトの crossingAxis プロパティと crossingValue プロパティを使用して、X-軸 が Y-軸 と交差する場所を変更できます。

このトピックでは、コード例を示して、 IGChartView コントロールの軸スケールおよび間隔を使用する方法を説明します。

このトピックは IGChartView コントロールの機能を紹介します。

このトピックでは、コード例を用いて、 IGChartViewIGCategoryAngleAxis を使用する方法を説明します。

このトピックでは、コード例を示して、 IGChartViewIGNumericAngleAxis を使用する方法を説明します。

このトピックでは、コード例を用いて、 IGChartViewIGNumericRadiusAxis を使用する方法を説明します。