WPF コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

バーコード

チャート

エディター

フレームワーク

ゲージ

グリッド

インタラクション

レイアウト

マップ

メニュー

スケジュール

スタイリング & テーマ

すべてのコントロール

WPF シェープ チャート

2016 Vol.2 においてコミュニティ テクノロジー プレビュー (CTP) としてシェープ チャートを提供します。このチャートはデカル座標系または地理シェープ情報をチャートの表面に描画するコントロールです。データ チャートをベースとして最小限の設定でデータをプロットできます。フロアプラン、ダイアグラム、マップ、散布ポイントを表示することが可能です。

 

WPF Shape Chart

様々な適用例

シェープ チャートは複数のシェープ ファイルをロードしグループ化させ独自のシェープを表現できます。航空機の座席図、建物の設計書など利用方法は無限大です。

 

様々なチャートの種類をサポート

シェープ チャートは scatterpoint、scatterline、scatterspline、scatterbubble、scatterhighdensity、scatterarea、scattercontour、shapepolgon、shapepolyline など様々なチャートをサポートしています。



自動でバインドされたデータを分析

このチャートはデータ ソースにバインドされたデータを分析し、データの形式に合わせて最適と考えられるデータ可視化を行います。フラットなデータや階層型のデータをサポートし、データ オブジェクトの内容を基に複数のシリーズもサポートします。