Windows Phone コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

Windows Phone タイル マネージャー (CTP)

タイル マネージャーは Windows Phone で長方形のタイルを使用してコンテンツを表示します。これらは複数行のタイルとなって連続して配列されます。タイルを最大化すると、他のタイルを自動的に最小化します。ただし、最小化されたタイルはコントロールの端に沿って今まで通りに表示されるので、エンドユーザーは素早く最大化して、ユーザーの注意を新しいコンテンツに移すことができます。

アニメーション

タイル マネージャーには状態のトランジション中に再生されるアニメーションが組み込まれています。固有のアニメーションを追加して、このエクスペリエンスをカスタマイズできます。

Windows Phone タイル マネージャー

 

データ バインディング

タイル マネージャーの ItemsSource プロパティを設定すると、データ モデルに基づいて自動的に Tile オブジェクトを作成できます。

 

ドラッグ アンド ドロップ

エンドユーザーはタッチ ジェスチャを使用してランタイムにタイルをドラッグして再配置できます。

 

明示的なタイルのレイアウト

Grid パネルの概念を使用して明示的な列および行にタイルを配列できます (Column、Row、ColumnSpan および RowSpan)。

 

レイアウトの読み込みと保存

エンド ユーザーがランタイムにレイアウトを変更した後で、変更を保存してアプリケーションのセッション間に復元できます。

 

状態に基づいた項目テンプレート

タイルの状態に基づいて項目テンプレートを定義できます。タイル マネージャーは、エンド ユーザーがタイルの状態を変更すると、正しい項目テンプレートを自動的に適用します。

 

状態に基づいた制限

状態に基づいてタイルのサイズを制限できます。

 

タイルのサイズ変更

エンド ユーザーはサイズ変更インジケーターを使用してタイルのサイズを変更できます。