Windows Phone コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

Windows Phone Persistence フレームワーク

Persistence フレームワークにより、任意の Silverlight 依存関係オブジェクト (インフラジスティックス以外のコントロールを含む) のコントロール設定を保持し、ファイルやデータベースなどの外部ソースへ保持したい設定の保存や読み込みを管理できます。このフレームワークは、設定およびレイアウトを簡単に保存できます。たとえば、グリッド列の固定状態など非常に詳細な設定を保存して、アプリケーションで再び実行、あるいは読み込むことが可能です。

XML のストリーム

コントロールの設定はシリアル化され、業界標準である XML へ逆シリアル化されます。また、IsolatedStorage、データベース、ローカル ファイル システムなどの外部ソースに設定できる Stream を使用できます。

 

ユーザー設定の保存/読み込み

ユーザーがユーザー インターフェイスのレイアウトを設定した場合など、Persistence Framework を使用して UI コントロールの設定を保存、読み込みできます。ユーザーのカスタム レイアウトや設定を簡単に保持できることにより、UX の向上へとつながる有効な手段です。

 

デフォルトを簡単に復元できます。

コントロールにデフォルト設定を簡単に再適用しなければなりませんか。Control Persistence Framework を使用してデフォルト設定に戻すのが最適なソリューションです。

 

Persistence イベント

フレームワークで公開される多数のイベントを使用して対象コントロールの設定の保存や読み込みをカスタマイズできます。