Windows Phone コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

Windows Phone AutoCompleteBox

AutoCompleteBox は、テキスト ボックスとドロップ リストを組み合わせたコントロールです。ユーザーの入力に基づいて推薦項目を提供します。パワフルな UI 最適化技術を利用し、ユーザーのフリーテキスト入力の量を制限できます。リスト項目の表示をカスタマイズし、データ バインドしてリスをを生成し、リスト項目がフィルターされる方法を制御できます。

カスタム レイアウト

ドロップ リストのデータ オブジェクト レイアウトを指定します。

Windows Phone AutoCompleteBox

 

データ バインディング

ドロップ リストをオブジェクトのコレクションへバインドします。

 

フィルタリング

ドロップ リストは FilterMode プロパティを使用した入力テキストに基づいてフィルターされます。大文字小文字の区別オプションおよびデータ項目のどの部分 (初め、テキストの一部分) がフィルターされるかを設定するオプションを提供します。

 

カスタム フィルター

2 種類のカスタム フィルター:

  • データ オブジェクトの文字列形式に基づくフィルター (TextFilter プロパティを設定します)。
  • データ項目、またはそのプロパティのいずれかに基づくフィルター

 

ドロップ リスト表示コントロール

フィルターされたリストを作成し、ユーザーに表示されるまでの期間をミリ秒で設定または入力する文字の最小数を設定できます。