Windows Phone コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

Windows Phone ツリーマップ

Windows Phone Treemap はスペースを有効に使用してデータを表示する機能があるため、大規模なデータをバインドし、数千項目を表示します。また、項目のサイズや最大の深さ (レベル) をカスタマイズすることも可能です。

複数レベルで数千の項目を描画

自動車インベントリ マップや株式情報など、ツリーマップ (金融業ではヒートマップと呼ばれる) は、ドリルダウンせずに複数レベルのデータ ポイントの相対ウェイトを視覚化します。

Windows Phone Treemap

 

ストリップ、四角形、スライス アンド ダイス

ノードの縦横比 (必要に応じてバックトラッキングが可能) を最大化する向きと配置を選択することにより、ノードに最適な配置を調整します。ノードの配置や方向によりデータが変更された場合もノードがバインドされた順番を保持し、統一したレイアウトを提供できます。

Windows Phone Treemap レイアウト KF

 

視覚的な解析

色を効果的に使用します。グループ ベースの機能またはコロプレス シェードに似たスケール ベースのグラデーション機能を提供します。

Windows Phone Treemap ダブル マッパー KF

 

大規模なデータセット

ツリーマップのスペースを上手く利用し、ノードを画面で同時に数千個表示できます。

Windows Phone Treemap ヒート KF

 

値マッピング

ツリーマップでは、範囲スケール内の値によってノードに色を設定、または同じ値を持つすべてのノードに同じ色を設定することが可能です。

Windows Phone Treemap データ Min Max KF