Windows Phone コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

Windows Phone バーコード

バーコード画像の詳細な処理が可能で標準バーコードとして Windows Phone アプリケーションにデータを埋め込むことが可能です。

モバイル バーコードの種類

Code 128、UCC/EAN-128、Code 39、Interleaved 2 of 5 (ITF-14)、GS1 DataBar™、MaxiCode、PDF 417、Royal Mail (RM4SCC)、Intelligent Mail、および EAN/UPC (EAN-13、EAN-8、UPC-A、UPC-E) などのバーコードをサポートします。

Windows Phone バーコード

 

データ バインディング

データ依存プロパティを介してデータを取得します。フォーム、フィールド、グリッドなどのデータをバーコード化するのにデータ バインドを使用できます。

Windows Phone バーコード垂直方向の KF

 

ストレッチ

バーコード画像の高さおよび幅を制御できます。縦横比を保存することも可能です。

Windows Phone バーコード水平方向の KF