Windows Forms コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

リスト ビュー

Windows® Explorer を再現する選択可能な項目のコレクションを多数のビューで表示するコントロールです。項目のコレクションをアイコン、タイル、サムネイル、簡易リスト、詳細リストなど、さまざまなスタイルで表示することが可能です。

タッチ エクスペリエンス

タッチ サポートの List View コントロールを使用してタブレットなどのタッチ対応デバイスのための最新鋭のアプリケーションを作成します。タッチ メトリックスでは、コントロールのサイズ変更を調整し要素を大きくすることにより、よりよいインタラクションが可能となります。List View はさらに垂直方向、速い、遅い、複数方向のパンおよびフリック; タップ、ダブルタップ、タップ & ドラッグ, および タップ & ホールドのようなマルチ ジェスチャ サポートも含みます。

タッチ エクスペリエンス

 

エクスプローラー ビュー

Windows® エクスプローラー ビューのように、現在のディレクトリのファイルを表示することができます。Infragistics WinListView™ はアイコンのみ、タイル、サムネイル、リスト、および詳細ビューもサポートします。

Windows エクスプローラー同様、ディレクトリのフォルダーやファイルを一覧表示します。

 

編集機能

項目とサブアイテムの値の編集とレンダリングは、よく使用する Infragistics 埋め込みエディター アーキテクチャによって処理されます。

Windows エクスプローラーと同じように、表示済みのリストで項目を編集します。

 

項目の選択

単一または複数項目を選択することができます。選択はキーボード、マウス クリック、Shift + クリック (連続範囲)、Ctrl + クリック (非連続範囲)、接触した項目を選択するなげなわ ツールをクリックしてドラッグなどの方法があります。

作成済みのアプリケーションを使用する際、Windows エクスプローラーのさまざまな選択モードを利用できます。

 

ビジュアル ディスプレイ

Windows Vista® および Windows 7 のサポート、さらにこのテーマをビジュアル表現の詳細な制御。コントロールのすべてのビジュアルな要素は使い慣れた Infragistics Appearance オブジェクト モデルで決定します。

表示テーマの制御。