Windows Forms コントロールは ULTIMATE 開発ツールキットに含まれます。

WinForms コンボ

動的なサイズ変更、修正候補モード、編集などをサポートする Windows Forms コンボ コントロールです。データバインドされている複数列データから簡単に選択することが可能になります。

タッチ エクスペリエンス

タッチ対応の Combo コントロールでは、タブレットや他のタッチ対応の端末用のアプリケーションを作成できます。タッチ メトリックスでは、コントロールのサイズ変更を調整し要素を大きくすることにより、よりよいインタラクションが可能となります。Combo のドロップダウンでは、パンニング ジェスチャによるタッチ対応水平方向のスクロールを提供します。

13.1 タッチ エクスペリエンス

 

複数列のドロップダウン

コンボボックスは単一列または複数列に設定することができます。

アプリケーションに単一列または複数列のコンボ ドロップダウンを追加できます。

 

単一および複数の選択

値のドロップダウン リストで単一項目を選択するか、チェックボックスを使用すると複数項目を選択することができます。

ドロップダウンまたはチェックボックスを使用して、単一および複数項目の選択を有効にできます。

 

データ入力

自動編集、ユーザー選択をリストへの制限、オート コンプリート モードを簡単に実行できます。

自動編集、ユーザー選択をリストへの制限、オート コンプリート モードを簡単に実行できます。

 

候補モード

Google® により普及した Web 検索のシナリオの候補ビヘイビアでユーザー選択を処理可能な項目数に削減しフィルターできます。

選択をフィルターするには候補ビヘイビアを有効にできます。

 

データ バインディング

コンボの DataSource および DataMember プロパティを使用することでは、ほぼすべての Windows Forms データ ストレージ モデルへのデータ バインディング サポートを提供します。