Ignite UI: Angular 2 コンポーネント

Angular 2 はモダン Web を開発するフレームワークとしてコミュニティにおいて非常に高い興味を得ています。高速かつ多くの機能を有しており、jQuery や AngularJS とも大きく異なるものです。Ignite UI Angular 2 コンポーネントおよび Inigte UI JS Blocks のネイティブ、モバイルファースト コントロールを利用し全てのユーザーが満足できるアプリケーションを構築することができるようになります。

Infragistics' Angular 2 Components now available for IgniteUI
Angular 2 Components for IgniteUI

簡単に利用できる機能群

Angular 2 コンポーネントではグリッド、チャートといった Ignite UI で提供している全ての機能をサポートしています。そのため、Angular 2 の新しいコンポーネント モデルの恩恵を十分に受けつつ、既存のアプリケーションで使用している Ignite UI の機能を組み合わせて Web アプリケーションを構築することが可能になります。現在、jQuery、AngularJS、Angular 2 の全てで Ignite UI を利用することができるため、選択できるフレームワークの幅が広がりました。

Ignite UI JS Blocks – モバイル Angular 2 アプリケーション用コントロール

Ignite UI JS Blocks は Angular 2 用の jQuery を使用しない、モバイルファースト、タッチファースト コントロールセットです。スマートフォン、タブレット、プログレッシブ Web アプリケーションをターゲットとしたシンプルなアプリケーションであり、かつ実行スピードが求められるようなプロジェクトに最適です。Ignite UI JS Blocks は今回プレビュー版として公開され、オープンソースとして公開されます。

Igniting Your Apps

さあ始めましょう!

Angular 2 コンポーネントと Ignite UI JS Blocks を利用し Angular 2 アプリケーションを今すぐ構築しましょう。それぞれのパッケージは NPM、JSPM などのパッケージ管理マネージャー、あるいは GitHub ページから取得いただけます。