Ignite UI

jQuery/HTML5 をフル活用

デスクトップ、タブレット、スマートフォン全てに対応し、かつ Angular 2 や ASP.NET MVC においても利用可能なタッチ対応、高機能、高パフォーマンス HTML & JavaScript ツールキット
2016 Vol.2 の新機能


kintone への適用事例公開中!

モダン Web 用に
軽量化、高速化を実現

ブラウザー、ハイブリッド、モバイル アプリ構築のために開発されたインフラジスティックス Ignite UI は、業務に求められる機能をサポートします。グリッドでは UI 仮想化エンジンや、ロードオンデマンド機能を搭載しさまざまなビジネス シナリオに対応します。さらに、チャートにおいてはリアルタイムでのデータ更新や大量データの表示を行えます。

使い慣れたフレームワークで
モダン アプリを実装

Ignite UI は Angular2、AngularJS、React、KnockoutJS、 Microsoft MVC、Boostrap、Ionic、Onsen などのフレームワークと同時に利用できる仕組みをご提供しています。


Angular 2 を Ignite UI でサポートします。GitHub レポジトリにおいて Ignite UI コントロールの Angular 2 コンポーネント定義をご提供しています。


Ignite UI コントロールを React で利用できる React コンポーネント のプレビュー版を公開しました。グリッドやチャートを利用することができるようになります。


AngularJS ディレクティブを使用して次世代 JavaScript & HTML ベースの MVC アプリを作成できます。Github のディレクティブは、双方向データバインドやクリーンな Angular インテグレーションが可能です。


Bootstrap や Ignite UI で作成したレスポンシブ ウェブ アプリケーションは、あらゆるデバイスで実行できます。Bootstrap 4 の LESS から SASS への移行に伴い、ニーズに応じてカスタマイズ可能な Ignite UI の新しいテーマも更新されました。LESS ベースの Bootstrap テーマ で優れたウエブ デザインを作成します。


Ignite UI は、すべての jQuery ウィジェットに ASP.NET MVC ラッパー を提供します。HTML 5 と同様のインタラクティブ機能を維持しながらサーバー側でコンポーネントを実行します。


KnockoutJS は、DOM 要素をデータ モデルにマッピングした依存トラッキング、テンプレート、自動 UI 更新をサポートします。

Ignite UI のオープン ソース

Ignite UI のエディターやツリー、テンプレート機能などの主要機能を Ignite UI コアとしてオープンソース化しました。高パフォーマンス、タッチ対応のコントロールを利用いただけます。また、高機能グリッド、チャート機能を利用する場合は簡単に Infragistics Ultimate、Infragistics Professional にアップグレードし OSS 版を利用しているアプリケーションに追加で組み込むことが可能です。



データ グリッド

単純なテーブル表示だけではなく、階層表示、ツリー表示、更には OLAP データを表示するピボット テーブル

  • フラット データを表示する igGrid をベースに開発された階層グリッドではマスタ - 詳細といった階層構造を持つデータをバインドすることで親テーブル、子テーブル表示を行います。 JSON、XML、.NET コレクション、.NET データセットなど様々な形式のデータをサポートしています。

  • 部品 BOM 図やファイルエクスプローラー、貸借対照表など階層データでありながら同じ列構造を持つデータをツリー状に表現することが可能です。他のグリッド同様に編集、並べ替え、フィルタリング、グループ化などの機能は、「ツリー表示」に合わせた外観に設計されています。

  • Excel のピボット テーブルはユーザーが任意に行列の表示を設定し重要と考えるデータの集計結果を閲覧できる強力な機能 (OLAP) です。Ignite UI ではXMLA や MDX のような標準的な OLAP データソースへのコネクターを提供しアプリケーションに分析機能を追加できるピボット グリッドを提供します。また OLAP ではなく任意のフラット データを用いて集計を行えるようにもなっています。

  • 業界最高水準のパフォーマンスを実現する HTML5 JavaScript グリッドを利用し JSON、XML、HTML テーブル、NET コレクション、.NET データテーブルなどさまざまな形式のデータをテーブル表示することが可能です。また、編集、ソート、フィルタリング、ページング、グルーピング、列の固定やリサイズなどエンタープライズで求められる機能を実装しています。

訴求力のあるデータ可視化パターン

75 種類以上の HTML5 チャート、ゲージ、ファイナンシャル チャート、統計およびテクニカル指標、トレンドラインなどダッシュボード構築のための UI パターン

リアルタイムのデータ更新や大量データ表示を可能にする HTML5 チャートでユーザーのニーズに応えることが可能になります。棒、折れ線、エリア、散布、円ゲージなどの一般のチャートの他に、極座標、ラジアル、ブレット グラフも提供しています。


「手戻り」を抑制する開発フロー

Indigo Studio を利用した画面デザインやインタラクション デザイン設計、プロトタイプ レビュー
画面開発における「満足度」の向上と「手戻り」の抑制

Indigo Studio を利用しモバイル、タブレット、デスクトップの各画面サイズに対応したレスポンシブなプロトタイプを構築することが可能になります。また、プロジェクト関係者やエンドユーザーにこのプロトタイプを共有し開発の初期段階でフィードバックを得ることが可能になります。Indigo Studio で構築したプロトタイプから出力された HTML コードは Ignite UI ページデザイナーで引き続き作業を進めることができる開発の開始ポイントとしても利用可能です。

TypeScript サポート

TypeScript で Ignite UI を利用し開発生産性やコード保守性を向上

Typescript でインフラジスティックスの JavaScript ライブラリに強い型付け、クラスベースの継承、その他の機能を導入して、エラーのない、コード保守性の高い開発を行うことが可能になります。

Ignite UI  TypeScript 定義を利用し静的検証、記号ベースのナビゲーション、ステートメント コンプリーション、Visual Studio などのツールのコード リファクターを有効化します。



Ignite UI を選択するべき 9 つの理由

様々な JavaScript ライブラリーが世の中には存在しますが、エンタープライズ向けソリューション開発に Ignite UI を選択することは最良の選択となります。

サンプルを最大限に活用

ショーケース サンプルで使用されているさまざまな機能をアプリケーションで再利用することにより、開発時間を削減できます。テンプレートをダウンロードして次世代アプリケーション開発をいますぐ始めませんか?



今すぐ開始!

様々なリソースで Ignite UI を用いた開発をサポートします。