Indigo Studio を利用することで開発初期にエンド ユーザー、システム エンジニア、開発者、デザイナーなどプロジェクト関係者間で目指すゴールや、画面インタラクションについて合意形成を図ることができます。

コードを記述せず、さまざまなプラットフォームのプロトタイプを構築

  • iOS や Android、Web、デスクトップなどほぼ全てのプラットフォーム向けの画面デザイン及びインタラクションをデザインできます。タッチやスワイプなど、様々なジェスチャーをサポートします。
  • モバイル、タブレット、デスクトップ上のブラウザーでプロトタイプを実行できます。
  • 「スクリーン パーツ」 コントロールを独自に構築したり、開発コミュニティに共有されているコントロールをインポートしたりすることが可能です。

詳細はこちら

プロトタイプを素早く構築
コラボレーションの実現

画面ごと、状態ごとのレビューとフィードバック

  • 作成したプロトタイプを 1 クリックでクラウドにアップロードしリンクを共有できます。
  • プロトタイプの画面ごと、状態ごとにコメントを追加し、複数人でのデザイン レビュー機能を提供します。
  • 更にグループ ワークスペース機能を利用し、チーム内でセキュアにデザインを構築できます。

詳細はこちら

ユーザビリティ テストをリモートで実施、テスト結果の詳細を確認

  • リモートで実施可能なユーザビリティ テストの構築と実施、結果をリアルタイムで確認できます。
  • A/B テストのような複数のデザインに対してのテストを同時に実施し、履歴をクラウド上のワークスペースで管理できます。
  • テストにおいて画面のどの部分が操作ミスを起こしやすいかを図示し、改善点を検討する材料とすることが可能です。

詳細はこちら

ユーザビリティ テストの実施
  • Humana
  • Pearson
  • Intel
  • Emerson
  • Mellon
  • Thomas Rueters