「お客様に最適なUXを最適な期間と価格で」をキャッチフレーズに、株式会社セカンドファクトリー(本社:東京都府中市、代表取締役:大関 興治)とインフラジスティックス・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:東賢)が協業を開始

【東京 – 2012 年 09 月 04 日】 – 昨今のスマートフォンなどの普及の影響などから、これまで以上にユーザーインターフェイスに優れたユーザー体験を求める傾向は強くなっており、この流れはコンシューマー向け市場にとどまらず、エンタープライズ向け市場においても強いニーズとなっております。

一方で、特にエンタープライズ向けアプリケーション開発においては、ビジネススピードの加速に合わせてより短い期間で結果を出す事が求められるようになってきており、検討課題が増える状態の中で短い納期を求められるという難しい課題を多くの開発組織が持つに至っております。

このような状況を受け、株式会社セカンドファクトリー(本社:東京都府中市、代表取締役:大関 興治)とインフラジスティックス・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:東賢)は、共同でUI/UXの標準化支援サービスを開始いたします。

従来は検討に時間とコストがかかる事の多かったUI/UXの検討を、セカンドファクトリーがこれまでのノウハウを活かしてテンプレートとして汎用化し、これにインフラジスティックス・ジャパンが提供する多数の案件で実績豊富なUIコンポーネントを組み合わせる事によって、予め優れたユーザー体験を織り込んだユーザーインターフェイスを短期間で、目に見える検証可能な形で導入する事が可能となります。社内におけるユーザーインターフェイスの標準化を行いたいと考えている方や、プロトタイプによる課題の早期検証を行いたいと考えている方に最適です。セカンドファクトリー、インフラジスティックス・ジャパンともに、マイクロソフトテクノロジーを中心に多様なテクノロジー、デバイスでの実績がございますので、幅広く適用いただけるサービスとなっております。

今後は、ビジネスダッシュボードの実現といった問題領域別、金融業/流通業向けといった特定業態向けなど、様々なソリューションの作成を行い、よりマーケットニーズに具体的にお応えできる取組を進めて参ります。

日本マイクロソフト様のエンドースメント

 

日本マイクロソフトは、株式会社セカンドファクトリーとインフラジスティックス・ジャパン株式会社の発表を歓迎いたします。日本マイクロソフトでは、多種多様化するデバイスやそれらの利用形態の重要な成功要素は、新たな時代のニーズに応える UI/UX であると考えています。両社のこれまでの実績、経験やノウハウをベースとした今回の協業は、まさにこれらのニーズに応えられるものであると確信しています。今後も日本マイクロソフトは、両社との連携を深め、お客様のビジネスの成長を支援してまいります。

 

日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー&プラットフォーム統括本部
クラウドプラットフォーム推進部
業務執行役員 本部長
平野 和順

問い合わせ先

株式会社セカンドファクトリー
Tel:042-354-7777 Fax:042-354-7778 E-mail:info2@2ndfactory.com
プレスリリース

インフラジスティックス・ジャパン株式会社
Tel:03-5474-8034 Fax:03-3405-1475 E-mail:JapanSalesGroup@infragistics.com